悩んでいるならまず気軽に六本木の病院に行って不妊治療をして欲しい

サイトマップ

赤ちゃん

出口の見えない戦い

眠る赤ちゃん

不妊治療はつらいです。その理由は、出口が見えないからだと私は思います。不妊治療は、命に関わるものではありません。病気と違い、しんどければ止めればいいのです。そして、答えが明確にありません。同じ人に同じ治療法をしても、妊娠するときとしないときがあり、体調やホルモンバランスで結果が大きく変わります。今回の治療法がだめだったからといって、次がだめとは限らないのです。
病気と似ているようで全く違うと感じます。私の場合は、色んな検査を経て、片側卵管閉塞と低AMHという2つの原因が分かりました。「妊娠を望むのであれば少しでも早いステップアップを」という医師の言葉に背中を押され、体外受精にチャレンジをしました。妊活をしている頃もつらくて泣くことはよくありましたが、体外受精ともなると、そのつらさは比ではありませんでした。
精神的つらさと、金銭面での負担。がんばっても報われない苦しさ。周りの妊娠にあせる気持ち。やめたいと思うことは数え切れないくらいありましたが、大好きな主人との子供が欲しいをいう一心だけで 今も頑張れています。愛が無くても子供はできるけど、愛が無ければ不妊治療はできない、と私は思っています。

TOPへ